スキンケアで美白ボディを目指そう|保湿アイテムで美しい肌をGET

婦人

色白肌になる方法

化粧水

日焼けやシミや黒ずみなど

顔はしっかりとお手入れしていて美肌を保っていたとしても、ボディの方がおろそかになっていると、日焼けや黒ずみ、シミなどができてしまいます。子供の頃は日焼けしてもすぐに元の肌の色に戻りますが、年齢を重ねるごとにターンオーバーが遅くなってきて、夏の日焼けがそのまま肌に残りやすくなります。メラニンが肌に定着してしまうとシミができたり黒ずみになったりしますから、しっかりとメラニンを抑制するボディの美白ケアをしていきましょう。夏に手足を露出しても恥ずかしくないような肌でいるためにも、ボディの美白は一年中行うのが得策です。美白成分が肌の奥のメラニンを抑えてくれて、少しずつ色白肌へと変化させてくれます。継続して使ってこそ効果が発揮されますから、地道にお手入れを積み重ねていきましょう。

効果を発揮しやすい使い方

体温に近いほど化粧品の浸透力がアップしてくれますから、ボディの美白ケアをするのに最適なタイミングはお風呂上りです。血行が良くなっていますから成分が浸透しやすいですし、肌の細胞が活発に働いてくれます。また、ボディ用美白クリームやジェルなどを選ぶ際には、美白のみでなく保湿も重視したものを使いましょう。乾燥した肌だと美容成分の効き目が薄くなってしまいますから、保湿も一緒にできるものだと、一石二鳥です。塗り方のコツとしては、お風呂から上がってすぐまだ水滴が付いている状態で塗ると、潤いを閉じ込めやすくなります。お風呂に入っている時に肌の潤い物質が流れ出てしまっていますから、時間がたてば経つほど肌が乾燥しやすくなります。そのため、軽く水分が残った状態でクリームなどで保護してあげると、保湿も美白も両方とも効果が発揮されやすくなります。