スキンケアで美白ボディを目指そう|保湿アイテムで美しい肌をGET

婦人

くすみやシミにアプローチ

女性

紫外線やストレスも原因

肌のくすみ・シミなどは、顔だけではなく胸元や背中などのボディにも現れやすく、肌トラブルの1つとして紫外線が大きく影響しています。特に肌を露出する時期は、美白のファーストステップとして日焼け止めは欠かせない美容アイテムです。くすみ肌を作らないためにもSPFやUVAの数値が大きいものを選び、塗りムラが出やすいボディには重ね塗りが基本となり、日焼けしない工夫が大切です。さらに、女性は何かしらのストレスを抱えており、活性酸素がストレスから増え、メラニン細胞のメラノサイトが活性化してしまいます。透明感ある肌のためには、酸化酵素となるチロシナーゼを抑制し、メラニンの生成を抑え込むことが重要です。また、紫外線やストレスからくすみやすいボディも、肌周期を正常化させることが美白へと直結しており、エイジングケア成分としても知られるプラセンタエキス配合の基礎化粧品には、肌周期を整える効果があり、透明感を作り出すことが可能です。

うっかり日焼けに注意

メラニンが作られることにより、酸化酵素が活発に動き出すため、予防することが美白に結び付きます。酸化酵素を抑制させる美容成分には、コウジ酸やトラネキサム酸などが挙げられ、メラノサイトの活性化因子の働きを抑制させることにより、シミやくすみ肌に繋げないケアが可能です。化粧水や美容液は顔だけではなくボディにも使え、スキンケアは全身くまなく行うことがポイントになります。また、年齢を重ねた肌はバリア機能が低下しているだけではなく、回復力も弱く、抗酸化力をもつ酵素も減少ぎみになっています。日焼けしやすいボディは、ダメージが残ることも少なくはなく、こうした状態を還元できる美白成分配合の化粧品を選び、メラニン肌が定着しないように肌周期を正常化させるケアが大切です。